読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レーヴァテインの欠片は何を語る

始動 マリオカートR制作project

妄想STG「フランのスイーツハンティング」 9ページ目

調査終了後

ルナ「痛た…って、ここは…?」

フラン「ふぅ、ようやく正気を取り戻したみたいね」

ルナ「なっ!?フランがなんでここに?」

フラン「襲ってきたからでしょ、あんな巨大な妖怪花をお供にして」

ルナ「妖怪花?なんのこと?」

フラン「なんにも覚えてないのね…とりあえずこのエリアは危険だから、私に掴まって」

ルナ「一人で大丈夫よ」

枯れた妖花に足を引っ掛けて転ぶ

ルナ「んにゃ”!」

フラン「はぁ…本当に鈍くさい妖精さんね…」

~紅魔館・跡地~

咲夜「お疲れ様ですフラン様、どうやらルナチャイルドさんも正気を取り戻したようで何よりです」

ルナ「さっきから状況がよくわかってないんだけど、今幻想郷はどうなってるの?」

フラン「それがね…」

フランは今の幻想郷を詳しくルナチャイルドに語った

ルナ「そう、それで私も暴走していたのね」

  「だったら、私も何か力になれるようなことしたいわね」

フラン「本当に?」

ルナ「貴女が今までに撃破した敵の情報を本に記録しておくことにするわ」

  「敵のドロップアイテムが何かわからなくなったときはいつでも力になるわよ」

  「でも貴女が倒したことのない敵の情報は不明だから、倒したら教えてちょうだいね」

フラン「うん!ありがと!」

ルナ「それからこれは、貴女に迷惑をかけてしまったお詫びよ」

《弓『シードシューター』を手に入れました》

ルナ「貴女は槍武器と弓武器の両方を装備できるみたいね」

  「調査中にLボタンを押せば装備の変更ができるわ」

  「この先ふたつの装備が調査を有利に進められることを祈ってるわ」

エリア選択画面へ

新エリア

紅魔館・跡地0-2~双武器演習~

フラン様、その先の戦闘からは

ふたつの装備を扱うことが重要になってくるはずです

弾幕を弾く敵、近接戦闘が効かない敵など

色々と厄介な敵が出てくると予想されます

私の妖精メイドで、特殊な敵勢反応の撃破を

練習してみてはどうでしょうか? ー十六夜咲夜

新たな敵

妖精メイド・黄

十六夜咲夜専属の戦闘員

弓による攻撃と弾幕による攻撃を無効化にする

特殊な盾を構えながら飛んでくる

ドロップアイテム

無し

妖精メイド・緑

十六夜咲夜専属の戦闘員

槍による近接戦闘攻撃と弾幕による攻撃を無効化にする

特殊な結界を貼りながら飛んでくる

ドロップアイテム

ヨーデル(一人だけ確定ドロップ)

妖精メイド・黒

十六夜咲夜専属の戦闘員

全ての武器による攻撃及び弾幕攻撃が通用しない

倒すには強力な一撃を加えなければならないらしい

ドロップアイテム

無し

 

~調査開始~

咲夜「フラン様、今回の戦闘演習は特殊な敵勢反応との空戦になります」

  「この先の戦闘からは、一部の攻撃が通用しない敵が多数出現すると思われます」

  「弾幕を弾く敵、近接戦闘が効かない敵など色々と厄介です」

  「まずは弾幕と弓による攻撃が通用しない妖精メイドを相手に槍の近接戦闘で撃破してみてください」

  「武器攻撃はXボタンですよ」

妖精メイド・黄×5

咲夜「いい調子ですね、次は近接戦闘が通用しない結界を貼った妖精メイドを撃破してみてください」

  「装備中の武器を切り替えるにはLボタンです」

妖精メイド・緑×5

咲夜「よろしいです、それではあらゆる攻撃が通用しない妖精メイドと決闘してみましょう」

フラン「攻撃が効かないのにどうやって倒せって言うの!?」

咲夜「フラン様も気づいているでしょうが、画面左下にスペルカードゲージがあるのがわかりますか?」

  「初期ではゲージは3つまでしか貯めることしかできませんが、物語が進むにつれて増えていきますよ」

  「では、そのスペルカードを使って、妖精メイドを撃破してみてください」

  「持っている武器で使用するカードが異なりますよ」

妖精メイド・黒×3

槍の場合※固定

フラン「全部壊れちゃえ!禁忌『レーヴァテイン』!!」

弓の場合※固定

フラン「避けきってみなよ!禁弾『スターボウブレイク』!!」

爪の場合※指定可能

フラン「隠れないでよ!禁忌『過去を刻む時計』!!」

フラン「逃がさないよ!禁忌『クランベリートラップ』!!」」

妖精メイド・黒×3撃破後

咲夜「お見事ですフラン様、それでは今回の演習はここまでといたしましょうか」

~調査終了~

調査結果報告

無条件でSランク

報酬ヨーデル×2