読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レーヴァテインの欠片は何を語る

始動 マリオカートR制作project

妄想STG「フランのスイーツハンティング」 19ページ目

エリア選択画面へ

霧の湖2-7『囚われた悪魔の妹』【action】

私も少しだけ言いすぎたわ…確かに考えれば

何故あの時私も援護しに行ったのか、わからないわ

って、今そんなこと考えても意味ないわね

私が冷獄の砦の屋上にいるチルノを倒さない限り

フランは助からないわ。待ってなさいよ

私が行く前に凍死するんじゃないわよ! ーレミリア

この調査は制限がついています

・初回クリアまでフランで挑めない ・道中中間地点有り

・咲夜と一緒 ・初回のみレミリアを操作

新たな敵

アイスフェアリー

チルノ配属の妖精

読んで字の如く氷の晶術を使って攻撃してくる

ドロップアイテム

尖った氷塊(全難易度で落とす)

氷の欠片(全難易度で落とす)

氷塊の結晶(難易度hardから)

極寒の冷晶(難易度Lunatic限定)

氷の珠玉(全難易度低確率)

凍てつく珠玉(難易度hard以上低確率)

絶氷の珠玉(難易度Lunatic限定低確率)

スナーク

貝殻に住み着く小型の鮫魔物

普段は殻に閉じこもり、物理による攻撃を無効化にする

戦闘態勢になると水の晶術で攻撃してくる

ドロップアイテム

スナークの殻(全難易度で落とす)

スナークのヒレ(全難易度で落とす)

スナークの上ヒレ(難易度hardから)

スナークの特上ヒレ(難易度Lunatic限定)

ヴァラーゴ・ネオ

チルノが生み出したヴァラーゴに更なる氷の力が宿った

ヴァラーゴの強化版

当然ながら普通より強い

ドロップアイテム

ヴァラーゴの鱗(全難易度で落とす)

ヴァラーゴ・ネオの鱗(全難易度で落とす)

ヴァラーゴ・ネオの上鱗(難易度hardから)

ヴァラーゴ・ネオの厚鱗(難易度VeryHardから)

ヴァラーゴの逆鱗(難易度normal以上低確率)

ヴァラーゴ・ネオの甲殻(全難易度で落とす)

ヴァラーゴ・ネオの堅殻(難易度hardから)

ヴァラーゴ・ネオの重殻(難易度Lunatic限定)

ヴァラーゴ・ネオの尻尾(難易度normal以上低確率)

ヴァラーゴの氷ヒレ(全難易度低確率)

ヴァラーゴの凍てつく氷ヒレ(難易度normal以上低確率)

尖った氷塊(全難易度で落とす)

氷の珠玉(全難易度低確率)

凍てつく珠玉(難易度hard以上低確率)

絶氷の珠玉(難易度Lunatic限定低確率)

ローレライスフィア(全難易度超低確率)

溶けない氷の妖精『チルノ

霧の湖にあるかまくらの中で住んでいる妖精

『冷気を操る程度の能力』の持ち主で

幻想郷一を誇るおバカキャラ

ドロップアイテム

チルノのリボン(全難易度で落とす)

チルノの眼鏡(難易度hardから)

チルノの学習帳(難易度Lunatic限定)

チルノの氷塊翼(全難易度低確率)

チルノの涙石(難易度hard以上低確率)

アイスブランド(全難易度超低確率※フラン&レミリア専用装備)

フローズンシューター(全難易度超低確率※フラン専用装備)

コキュードス(全難易度超低確率※フラン&レミリア専用装備)

理力の杖(全難易度超低確率※魔理沙専用装備)

ミスリルダガー(全難易度超低確率※魔理沙&咲夜専用装備)

尖った氷塊(全難易度で落とす)

氷の珠玉(全難易度低確率)

凍てつく珠玉(難易度hard以上低確率)

絶氷の珠玉(難易度Lunatic限定低確率)

ローレライスフィア(全難易度超低確率)

 

レミリア「…本当は行きたくなかったけど、フランの為に行かなきゃいけないわ」

    「待ってなさいよ…!」

~調査開始~(じつに氷のフィールドらしい)


Wandering the Crystal Blue (Arranged) - Castlevania: Order of Ecclesia Music Extended

にとり「その建物は20階まである長い砦みたいだね」

   「フロアの大きさは上に行くにつれ広くなっていくみたいだよ」

ルナ「その砦も私がナビしていくわ、まずは部屋の敵を殲滅していきなさい」

咲夜「お嬢様、少なからず私も戦闘に加勢させてもらいます」

レミリア「それはいいけど、足でまといにはならないでちょうだいよ」

冷獄の砦1F

氷の魔造兵(2体)アイスフェアリー(4体)氷の塊(4個)

レミリア「ところどころに氷の塊が落ちてるわね。何か入ってるみたいだけど、投げたら割れないのかしら?」

冷獄の砦2F

氷の魔造兵(3体)アイスフェアリー(4体)スナーク(2体)氷の塊(3個)

冷獄の砦3F

咲夜「身も凍るほどの凍てつく水ですね…中に入っているとじわじわと体力が削られてしまいます」

  「フラン様とお嬢様の場合、体力の減る速度が2倍になってしまいます」

レミリア「できるだけ避けて通りたいわね…」

氷の魔造兵(2体)フェアリーメイジ(2体)アイスフェアリー(2体)氷の塊(4個)

冷獄の砦4F

ルナ「上の階に行くにはカギが必要よ、どこかになかったかしら?」

アイスフェアリー(4体)スナーク(3体)妖精・黄(3体)妖精・緑(3体)妖精・赤(3体)

段差の上のカギ発見

レミリア「くっ…あんなところにカギがあるのに!」

咲夜「何か運べそうなものはありませんか?」

壊れない氷塊発見

レミリア「これならちょうどいいわね」

冷獄の砦5F

スナーク(20体)

レミリア「なにっ!待ち伏せ!?」

咲夜「お嬢様!状況が不利です!ここは高台にあがって遠距離から攻撃する方がよいです!」

スナーク殲滅後

ルナ「扉が開いたようね、先へ進めるわ」

冷獄の砦6F

ルナ「厄介ね…そのフロアはパズル形式になってるわ」

  「頭を使わないと次の階には進めないわ」

紅い氷(4個)蒼い氷(4個)黄色い氷(4個)若草色の氷(4個)

咲夜「不思議ですね…色のついた氷とは…」

  「同じ色を隣接させてみてはどうでしょうか?」

色のついた氷を4つ並べると…?

レミリア「あら、砕けたわね」

咲夜「そういうことですね。お嬢様、これはぷよぷよの原理と一緒です」

レミリア「ゲームのタイトル言われても私には何かわからないわよ…」

    「とりあえず、残りの氷も4つ並べればいいのね」

 4色の氷を全て揃えた

ルナ「扉が開いたようね。先に進めるわ」

冷獄の砦7F

ルナ「さて、このフロアもパズル形式のようね。今度はどうやって解くのかしらね」

レミリア「変な形の氷ばっかりね…」

咲夜「お嬢様、これはもしかしてテトリスでは?」

レミリア「咲夜、さっきも言ったけどゲームのタイトル言われても私には何かわからないわよ…」

咲夜「失礼しました。では、隙間を作らずに下のくぼみを氷のブロックで埋めてください」

レミリア「頭を使うのは苦手よ…でも、やるしかないわね」

くぼみに氷のブロックで埋め尽くすと…?

ルナ「お見事ね、先へ進めるようになったわ」

レミリア「ややこしいわね…」

冷獄の砦8F

氷の魔造兵(3体)アイスフェアリー(2体)フェアリーメイジ(2体)スナーク(2体)氷の塊(3個)

ルナ「そこは普通のフロアのようね、敵を殲滅させればいいわ」

冷獄の砦9F

氷の魔造兵(4体)フェアリーメイジ(4体)アイスフェアリー(4体)スナーク(4体)ヴァラーゴ(1体)※普通より弱い

ルナ「そのフロアは敵がカギを持っているわ、誰が持っているのかはわかりやすいはずよ」

レミリア「どうせ一番大きいヴァラーゴでしょ?あいつを倒せばいいのね」

咲夜「しかしお嬢様、ヴァラーゴへの道は結界で封じられています」

  「結界を解くには、別の部屋にいる敵を全て倒せば開くのではないでしょうか?」

レミリア「面倒ね…」

ヴァラーゴ以外を倒すと…?

にとり「道を塞いでた結界がなくなったみたいだよ!」

ヴァラーゴ撃破後

レミリア「砦のカギね、これで次のフロアに行けるわ」

冷獄の砦10F

にとり「そこは中間地点みたいだね!11Fへ行く前に色々と準備しておくといいよ!」

ミスティア・ローレライに話しかけると

レミリア「こんにちわミスティア、こんなところで何をしているのかしら?」

ミスティア「あら?レミリアさんじゃないですか。あれ?フランさんは?」

レミリア「フランならこの砦の屋上にいるチルノに囚われてしまってるわ…」

ミスティア「えぇ!?フランさんに何があったんですか!?」

レミリア「詳しくはわからないけど、一番の原因は私ね…」

ミスティア「それってどういうことですか?」

レミリアはフランに厳しいことを言ってしまったことをミスティアに言った

ミスティア「そうですか…それで一人で調査に行かせたところ罠にかかって…」

レミリア「そうよ…だから来ているのは私と咲夜の二人だけよ」

    「ところで、貴女はここで何をしているのかしら?」

ミスティア「私はフランさんのために店売りにするはずの商品を持ってきているんですよ。簡単に言えば、フランさんの為の臨時商店ですね」

     「でも、フランさんが囚われているんじゃ店を開いても意味がないですもんね…」

レミリア「じゃあ私が何か買ってあげるわ」

ミスティア「本当ですか?ありがとうございます!早速ですが、何がほしいですか?」

【買い物する】【持ち物を売る】【また今度】

売り物

紅魔茶     150円

玉露      200円

ヨーデル    300円

八目鰻の串焼き 500円

【また今度】選択後

ミスティア「必ずフランさんを助けてあげてください!」

藍に話しかけると

藍「あら、レミリアさんじゃないですか。こんな寒いところで平気なんですか?」

レミリア「正直言って嫌いよ…訳があってこの砦を登ってるんだから」

    「それより、貴女はここで何をしているのかしら?」

藍「私は精霊さんの面倒を見ているんですよ。フランさんが仲間にした精霊さんを預かってるんですよ」

レミリア「精霊ねぇ…私のも預かってくれるのかしら?」

藍「もちろんですよ、精霊さんが多くなってくると、こちらも賑やかになるので」

レミリア「気が向いたら探してみるわ、それじゃあね」

藍「またきてくださいね~」

咲夜に話しかけると

咲夜「お嬢様、この先は更に仕掛けが多くなってくるようです。進む準備は出来ていますか?」

【はい】【いいえ】

【いいえ】の場合

咲夜「焦ることはありませんよ、ゆっくりとここで準備をしていくといいでしょう」

【はい】の場合

レミリア「早く行くわよ、こんなところ早くさよならしたいわ」

咲夜「では、参りましょうか」